やってみよう超簡単!体重グラフ健康管理

体重グラフ5月 やり方、始め方、使い方

自分の体重が日毎/週毎/月毎、さらには年間でどのように変化しているか、客観的に把握するのはなかなか大変ですよね。

この記事の方法は超簡単!、朝起きた時と夜寝る前の1日2回体重計に乗り記録します。

やり方

グラフ用紙を作る

テンプレートはここからダウンロードできます。(エクセルファイル.xls)

用紙はA4 1枚で一か月分となっています。毎月1日にその月の用紙を作り印刷します。この時左側のスケール(メモリ)を人対応に決めます、下段の実例を参考にしてください、カレンダーにもなります。

グラフテンプレート

体重計の前に貼る

用紙は記録しやすいように、体重計の前の壁に貼っておくのが良いです。記録するサインペンを用意します、複数人の時は色分けできると良いです。私はグラフ用紙の横に小さい袋を付けてペンを入れ、直ぐに使えるようにしています。

朝と夜、1日2回記録する、言い訳を書く

朝起きた時と夜寝る前の1日2回体重計に乗り記録します。基礎代謝があるため、朝と夜ではだいたい1Kgから2Kg変動します(いろいろな条件で変わります)。変化が大きめあるいは少なめの時には“言い訳”欄にコメントを書きます。変化の原因を自覚する大切なポイントです。

効果、やって気が付くこと

(1)何をしたとき(食べた時)体重が増えるか、減るかがわかる

(2)外食と体重の関係がわかる

(3)グラフの変化を見て、飲食の欲求を自主的にコントロールできる

このことで食料品買い物内容を制御している

(4)飲酒のやり過ぎた時の反省、歯止めになる

(5)体調の良し悪しで体重が変化する

実例、感想

私は10年以上前(多分)からこの体重グラフ管理をやっています。健康管理が主体になっていて、体重の変化と体調によって飲食、外食をコントロール出来ている。

ダイエットという意味では効果を発揮していないが、自覚は十分できているので更に意思を強くすべく継続することが大切ですね。

下に実例を表示しています。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました