アデレードロングステイレポート/快適でコスパの良いアパートメントホテル3選

プレイフォードホテルバー アデレード

 

プロローグ

この記事はオーストラリアアデレードに8月の30日間、3軒のアパートメントホテルに滞在したレポートです、予約から滞在までノウハウをできるだけ詰め込んであります。

ホテルとフライトは出発の4か月前から、agoda.comTrip.comexpedia.comhis-j.comでリサーチしました。

 

1.海外ロングステイを決断するモチベーション

・避暑目的:

オーストラリアは赤道を挟んで日本と緯度がほぼ反対側(南半球)に位置するので、つまり日本と季節が逆です。8月は日本では30℃を超える日が続きますが、アデレードは概ね16℃以下です。

こちらは涼しいです、と、日本にメールできます。

地図オーストラリア

 

 

 

 

 

・知らない街でゆっくり:

海外の街に行くと、なんとなく肩の荷が下りて自由になった気がしませんか。周りの誰も自分のことを知らないので、少しかっこつけたり、勝手気ままに振舞えたり・・・、上げ膳据え膳であったり、これを非日常と言うのだと思います。

 

・思い出をたくさん:

自分で手配して行く旅は、パックツアーと違って時間や行先、行動が自由です。メインロードだけでなく、横道、裏通りを好きなだけ歩けます。変わり時計を見つけ、珍しい写真フレームに値下げ交渉したり、月曜日だけ半額のグリーンリップトマッセル(カラス貝)料理を見つけて食したりできます。

観光名所やちょっとしたツアーも無料バスや電車を使っていきます。アデレード動物園ハーンドルフポートアデレードなども自分で調べて行けます。

 

・時間と体力とお金

自分はリタイア組ですが、暇とお金は海外旅行に資するくらいは自由になる。やっとお金は使ってなんぼの心境になったようです。

そして活動できる健康と体力もそう長くはない、“体が資本よ”と母に言われたことを思い出します。

これをお読み頂いている皆様、人の生きる根幹は健康です、どうかご自愛くださいませ。

 

2.どんなホテルが希望ですか?夫婦で、ゆっくり、避暑し、ロングステイ

ホテルを決める時に考慮するポイントです。これは旅行の目的、スタイルで変わってきますが、夫婦で、ゆっくり、避暑し、ロングステイするという考えにそってポイントをあげます。

・街の中心に近い:

交通、買い物、食事に便利、病院がありそして賑やか、何となく嬉しい。

 

・少し豪華でコスパ良し:

ホテルの内容で旅行全体の印象が違ってきます。五つ星か四つ星、少しお金をかけるところです。空いていれば部屋の変更を聞いてくれます。

安宿は虫が出たり、水漏れしたり、寒かったりします。経験あります。

 

・キッチン用品が揃っている:

 30日×3食のほぼ半分は自炊です。食器、グラス、鍋、フライパン、包丁、まな板、布きん等々、そしてダイニングテーブル、ロングステイに必須です。通常、ミルクや、紅茶パック、コーヒーセットが用意されていて毎日補充されます。アパートメントホテルの所以です。

スーパー(WoolworthsColesなど)で食材を購入し、フードコートでお惣菜を購入し、BWSでワインやビールを調達して料理します。いろいろ発見があります。

BWS:BEER、WINE、SPIRITSの略、酒屋です。

 

・室内プール有り:

 五つ星か四つ星のホテルには室内プールやジムの施設がありますが、室外プールの場合もありますので要確認です。

体力維持、運動不足解消には水中ウォーキングと軽いスイミングは最適です

室内の温水プールですが、ほとんど貸し切り状態でリッチな気分になれます。

 

・Wi-Fi有り:

 パソコンは必須です、近年は各人用に2台用意しています。現地の観光、ショップの調査、メール、日本の状況確認、暇時のゲームなどです。

Wi-Fiは無料と有料があります。ある程度の高級ホテルでは、上記の用途であれば無料Wi-Fiで大丈夫です。高速な通信を使いたい場合は10~20ドル/週程で利用できます。

Wi-Fiについては、つなぎ方やトラブル対応など話したいことがいろいろありますが、長くなるので別の機会にします。

 

・洗濯乾燥機有り:

これも必須です。

アパートメントホテルには通常、部屋に洗濯機と乾燥機があります。しかしホテルによっては、共同洗濯場でかつ有料になっている場合があるので、事前に確認しておく必要があります。

 

3.ホテルのリサーチと予約で留意すること

 

・シーズン、曜日で価格が違う:

やはり夏が人気のシーズンですので11月、12月、1月は価格が上昇して、かつ混みます。逆に7月、8月、9月はオフシーズンでホテルは集客のため比較的安くなり、空いています。自分はこのシーズンを狙って行きます、避暑目的ですので。

いろいろですが、感覚的には半額近いです。

曜日では、金、土が高くなり、日、月、火は安くなります

更に、旅行会社によってはタイムセールがあり、10から20%程の値引きになります。

 

・キャンセルできる予約と出来ない予約:

 キャンセルできない予約はできる予約より概ね1~2割安くなっています

キャンセルできる予約は、基本、前日まで料金負担なしでキャンセル可能(いろいろなケースがあります)ですが、キャンセルできない予約は決断が必要です。

自分の場合は、キャンセルできる予約で希望に近いものをまず押さえます。そして大体出発約2か月前の時点でまでリサーチを続けて、最終決断します。

(あまり出発近くまで頑張ると、物件が少なくなったり高くなったりします)

一方宿泊日程に合わせてフライトを予約しますが、フライトは旅行会社で予約する場合普通はキャンセルできません。よって、ホテルも最終的にはキャンセルできない予約で決断します

ここで思うのはやはり出発までの健康の維持です、ちょっとした賭けです。逆に50万円程の予約を無駄にはしないぞ、という健康意識が高まります・・・(^^;)

 

・ホテルのダイレクト予約:

予約案件の候補が決まった時点で、そのホテルの直のWebサイトを訪問して調査する価値があります。同じ条件で宿泊予約を調べると、旅行会社経由より有利な場合があります

但し、この方法は英語サイトでの対応となること、場合によってはホテルのフロントと英文メールのやり取りが必要になります。

昔はこの方法が功を奏した経験がありますが、近年は旅行会社経由の方が有利な場合があり確認が必要です。

 

4.決断して決めたホテル3選

30泊と決めてリサーチしたわけですが、上述の条件と、ここもいい、あそこも良いでベストを試行錯誤し、ついに3軒のホテルに分けて宿泊することを決めたわけです。

1.アディーナ アパートメントホテル

2.オークスプラザ ピアホテル グレネルグ

3.プレイフォード アデレードホテル

それぞれどんなホテルであったかはこの後・・・

 

アデレードってどんなとこ

アデレードは南オーストラリア州の州都、人口は約130万人、オーストラリア第5位の観光都市です。日本からは乗り継ぎで約13時間かかりますが時差は0.5時間です。(アデレードが30分進んでいる)

中心部はビクトリアスクエアですが、有名なランドルモールは広くてにぎやかな歩行者だけのショッピングストリートになっています。道路は広く歩道が東京の2倍ほどあり、人も穏やかなのでゆっくり観光やショッピングを楽しむことができます。近郊にアデレードフェスティバルセンター、セントラルマーケット、ボタニックガーデン、ワインセンター、アデレード動物園ハーンドルフグレネルグバロッサバレーといった観光にも適したエリアがあります。

アデレードの街の写真です。クリックすると大きくなります。

上から街中を走るトラム、ランドルモールのキャンディー屋さん、ランドルモールアーケード、フードコートにあったモニュメント、道路に埋め込まれたコイン(落ちているのではありません)、セントラルマーケット、カラウィラ川、南オーストラリア美術館にあったモニュメント、南オーストラリア博物館の歴史展示、街なかの親子、ハーンドルフのチーズ屋さん、アイリッシュバーでステーキ、マッセルでベルギービール

 

4.1 Adina Apartment Hotel Aderaide Treasury

アディーナアパートメントホテル 15泊

最初の15日間はアディーナに宿泊です。アディーナ アパートメントホテル アデレード トレジャリー(Adina Apartment Hotel Adelaide Treasury)が正式名称です。

旧財務省(指定歴史的建造物)を利用したホテルは、市内中心部のビクトリア広場という絶好のロケーションにあります。イタリア製家具やオーストラリアの芸術作品を取り入れたインテリアで、キッチン設備の整ったアパートメントホテルです。サウナ、温水スイミングプール、フィットネスセンターなどの設備も整っています。

チェックイン直後、案内された部屋は冷蔵庫、キッチンが小さすぎて部屋もなんとなく薄暗い。15日間宿泊するにはつらいので変更を申し出た。快く2人がかりで調べていただき、2部屋案内されて上の写真の部屋に決めました。2階で1LDK、明るくきれいな部屋で満足です。

歴史的建造物を修復して造られたホテルですが、セントラルガーデン、地下トンネル、歴史的なキャビネットルームなどの重要な歴史的側面は保存されており、ツアーで一般に公開されています。

 

4.2 Oaks Plaza Pier Glenelg

オークスプラザピアホテル 7泊

グレネルグビーチ地区に位置する5つ星のアパートメントホテルです。部屋は7階の1LDK、白を基調にしたモダンで清潔感のある部屋です。キッチン、ランドリー設備があり、Wi-Fiは無料です。ホテル内には室内プール、ジムなどの設備もあります。

グレネルグはアデレード中心部からトラムで約30分、観光客と地元の人々で賑わうビーチの街です。

メインのストリートからの延長上にジェティ(桟橋約215m)が海に向かって突き出ていて、その上から見るサンセットは圧巻です。

7階のベランダから見るビーチとサンセットは、現実を忘れ自然の雄大さに癒されます。

最後から3枚目の写真にはジェティが見えます。クリックすると拡大します。

 

4.3 The Playford Aderaid Mgallary by Sofitel

プレイフォードアデレード 8泊

このホテルはアデレード鉄道駅の正面に位置する五つ星の高級ホテルです。アパートメントホテルではありませんが、簡易キッチンがあります。

アデレード・コンベンションセンターとアデレード・カジノの向かいに位置し、アデレード・オーバルまで徒歩わずか10分、ショッピング街ランドル・モールまでわずか450mです。

すぐそばの停留所から、ボタニックガーデン、アデレード動物園、郊外のビーチサイドのグレネルグなどへ行くトラムにアクセスできます。

ホテル内にはフィットネスセンター(温水プール、サウナ付)が併設されていて、また一階の高級レストランでビュッフェ式朝食を楽しむことができます。

ここでも最初に案内された部屋は、階段を上がったところにベッドルームがあるタイプで、窓を開けると即隣のビルの壁、さらに何となく薄暗い。部屋の変更をお願いしてみた。

現在空きがない、ストリートビューは追加料金が掛かるなど暫くすったもんだしたが、半日待てば空くので待てと言われて、街へ出て半日過ごし戻ると、なんとストリートビューの素晴らしい部屋に案内してくれました、豪華なジャグジーバス付でした。

過去に英会話の弱さで追加料金を請求された経験があり、3回も確認してしまいました、ちょっと恥。

 

 

ご覧頂きありがとうございました。

ご感想いただけましたら幸いでございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました